Finapresシステム アプリケーション

ヘッドアップティルト試験

 

 

ヘッドアップティルト試験(チルト試験)は、めまいなどの自律神経の異常を確認するために、臥位から傾斜位の状態に起こし、傾斜位の状態に保ちながら、連続的に血圧や脈拍の推移を観察する試験です。
臥位及び立位又は座位時の一時的な血圧測定ではなく、連続的に血圧を測定できるフィナプレス(FinometerMIDI)はヘッドアップティルト試験での測定に最適です。
  
ヘッドアップティルト試験方法 参考ムービー

 

 

 
 指導:大阪医科大学小児科 田中英高先生  
関連学会

日本小児心身学会

日本自律神経学会

日本循環器学会

日本神経学会

日本神経治療学会

日本不整脈学会

日本臨床検査医学会

失神研究会

 

 

関連項目

起立性調節障害(OD)



参考情報

D225-4 ヘッドアップティルト試験 980点

注 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において行われる場合に限り算定する。

(1)ヘッドアップティルト試験は、患者を臥位から傾斜位の状態に起こし、傾斜位の状態に保ちながら、連続的に血圧、脈拍及び症状の推移等を測定及び観察する検査をいう。なお、単に臥位及び立位又は座位時の血圧等を測定するだけのものは当該検査に該当しない。
(2)失神発作があり、他の原因が特定されずに神経調節性失神が疑われる患者に対して、医師が行った場合に限り算定する。
(3)使用する薬剤の費用は所定点数に含まれる。
(4)検査に伴い施行した心電図に係る費用は別に算定できない。
(5)診療録に、当該検査中に測定された指標等について記載すること。

■ ヘッドアップティルト試験に関する施設基準
(1) 当該検査の経験を有し、神経内科又は循環器内科の経験を5年以上有する常勤医師が勤務していること。
(2) 急変時等の緊急事態に対応するための体制その他当該検査を行うための体制が整備されていること。

■ 届出に関する事項
ヘッドアップティルト試験の施設基準に係る届出については、別添2の様式24の7を用いること。